乳がんについて

日本女性の11人に1人が乳がんにかかる

 

日本では、乳がんにかかる女性は年々増えており、今では年間9万の女性が乳がんにかかり1.4万人が命を落としています。現在日本女性の11人に1人が乳がんになるといわれています。

 乳がんは30代から増加し始め、40歳台後半と60歳台に発症のピークがあります。

欧米などでは乳がん検診の受診率や治療の進展により年々死亡率が減っていますが、日本の受診率は先進国の中で低く、死亡率も増加しています。

 

乳がんは早期に発見し、適切な治療を行えば、良好な経過が期待できます。早期発見のため、定期的な乳がん検診や自己触診を行うことが大切です。

 

 

神奈川県内の市町村が実施するがん検診の問合せ先一覧

 神奈川県HP(健康医療局 保健医療部がん・疾病対策課)